口臭の原因に深刻なストレスは職場や人の集まりの第一印象に

新社会人には必須のアイテムは「口臭サプリ」
5月病の小さな要因は周囲からの距離を感じること・・・
「あれ?なんか弾かれてる?」

 

親元を離れて一人暮らしを始めて会社への意気込みも満々。
だけど何だか周囲が私のことを遠ざける雰囲気・・・
勘違い???

 

宴会が始まったばかりとか・・・
新歓コンパの後の胃から湧き上がっている混合臭。

 

さらに電車通勤やバス通勤などで蔓延する臭い!
「一体誰の臭い?」
臭いけど臭いと言えずに会社に出社して、
気がついたら周囲が私を見て顔をそむけるような仕草・・・

 

さらにさらにあからさまなのは、
私に話しかけてきた会社の同僚が、会話中に鼻に手をやる行為、
これは確実にシグナルです。

 

会話中の相手が鼻が詰まっていたり、
花粉症や風邪気味ならばまだしも・・・

 

会話中に鼻に指をあてる仕草は高い確率で、
あなたの口臭を気にした!というリアクションです。

 

しかも終始、無言で何事もなかったようにふるまわれるなんて、
私は臭かったんだあ!

 

だけど本当の部分は相手の心の中にしまわれてしまいます。
よっぽど、近しい家族や身内でない限りは、

 

あなたに面と向かって・・・

 

「お前、口が臭い」

 

なんていうことはないでしょうね。
それだけに厄介な悩みになるのです。
口臭は社会に出ればエチケットとして第一印象になってしまいます。

 

 

 

最初のあなたのイメージとなる口臭。
そして、春から夏、秋にかけて周囲があなたのイメージを固めます。

 

「あの人、口が臭うから、あまり近づきたくないな」
「別な人に用を頼もうかな?」
「一緒の車に乗るのやだな。臭いから耐えられない」
「一緒に仕事したくないなあ」
「同じグループになりませんように」

 

実はあなたのことを周囲で心の中で思われているかもしれないのです。
知らないのはあなただけ!

 

一番、手っ取り早いのは、
オープンになることも決断の一つです。

 

「俺って口が臭いみたいだから気を付けたいので臭かったから言ってね。」
「私は口が臭いのを自分で気がつかないのでご迷惑をかけます。」

 

なんてカミングアウトしたら時と場合によっては、
正直者!誠意のある人!勇気のある人!なんて、
周囲の見る目や評価に変化が起きるかもしれませんよ。
新社会人の印象付けに臭ピタッは口臭トラブルの転ばぬ先の杖

 

 

 

 


トップへ戻る