口臭実験のためTANITAのブレスチェッカーに決めた経緯

最初はTANITAにするか躊躇していました。
その理由は以下のAmazonの口コミです。

 

 

52016-08-20

商品の使いみち:実用品・普段使い商品を使う人:自分用購入した回数:はじめて
正しく使いましょう
朝起きて適当に測ると寝起きなのに0?
あれっと思いちゃんと説明書読みました
カウントダウン中に4、5回振る
ピーッと鳴るまで正面に吹く
全然やってませんでした
ちゃんとするとそれなりの数値が出ました
それはそれでショックでしたが
食事して歯磨きしたら0になったので
安心出来ました
というわけで説明書はちゃんと読みましょう(当たり前やろ)

 

上記・・・アマゾンのタニタブレスチェッカー購入者の口コミを参照しました。

 

 


タニタ ブレスチェッカーミニ HC-212Mの3種類も同じ値段で購入できます。
色は緑、ピンク、青と3種類あるけど評価は半々ですね。
アルカリ単4乾電池1本(お試し用)なので一番、電池の本数は使わないようですね。
とりあえず他の製品も調べてみよう!!!

 

 


TANITAのブレスチェッカー5段階 白い HC-212S-WH通常4,320円のところ、
送料無料でアマゾンで1,845円で購入できますが何分、評価が悪いですね。
タニタなのに精度が悪いようですね。

 

 

 

次に購入しようとしたCOM-SHOT

 

 


COM-SHOT 【 瞬間 測定 】
デジタル 口臭 チェッカー コンパクト 5段階 レベル 表示
これは値段が安いけれど1,360円で電池使用なので寿命に関して
「評価が落ちてましたが・・」精度に関しては良い評価でした。
値段で割り切れれば十分ですね。

 


COM-SHOT 【 瞬間 測定 】 デジタル 口臭 チェッカー コンパクト 5段階 レベル 表示 エチケット 大人 子供 予防 検査 単4 電池 MI-KOUCHA
結局・・・口コミから判断して「ダメ元」もかねて、価格的にリスクの低いCOM-SHOTをカートに入れて、
購入に踏み切ろうとしたら・・・やや躊躇。
計測方法にもテクニックが必要になるかもですね。

 

 

この後、楽天でCOM-SHOTを見つけたのですが・・・
アマゾン以上に購入者のレビューが悪く、価格もTANITAに比べて安いので、
もしもダメだったら?と考えてワンランク上のTANITAに最終的に決めました。

 

 

 

タニタのブレスチェッカーの5段階基準

 

  1. 口臭なし
  2. 弱い
  3. 口臭あり
  4. やや強い
  5. 強い
  6. 非常に強い

 

もう一段階あります。
エラー表示です。
正しく測れませんでした。もう一度初めからやり直してください!

 

上記の6段階での表示ですね。

 

 

口臭対策サプリを常用の人が計測して「1段階・・・弱い」
にら、にんにく入り餃子とキムチを食べて食後に計測して「3段階・・・やや強い」

 

なるほど上記は口臭サプリブレスブロックの販売ページで見つけた内容です。
この中でブレスチェッカーを使っていたので気になって購入になった経緯ですね。
タニタ ブレスチェッカーミニ HC-212M-BL(ブルー)

 


トップへ戻る