口が臭くなる 原因 ドライマウス 唾液を増やす 水分補給 噛むこと

ドライマウス防止の唾液を増やす方法は噛むことと水分補給だった

ドライマウス防止の唾液を増やす方法は噛むことと水分補給だった

仕事のストレス
日常の薬の服用など

 

 

 

現代の生活スタイルから口の中の乾きが進行して
年齢も原因となって唾液の分泌が下がっていきますね。

 

 

 

加齢とともに唾液が少なくなっていくのは仕方のないことです。
しかし唾液には口の中の細菌の繁殖を抑制してくれる働きがあります。
さらに

 

 

口臭の原因となる揮発性ガスつまり口の中で作られる
「異臭ガス」です。
この異臭ガスが放散していくことを抑えてくれるのも「唾液」の力なんです。

 

 

 

口腔乾燥症・・・ドライマウスは確実に口臭を作り出して
唾液の分泌が衰えていって
悪いことづくめになってきますよね。

 

 

そこで
唾液日常の生活習慣の中で増やす方法として取り組める方法は?

 

 

食事の時の「噛む」回数を増やす。
つまり、よく噛む ってことですね。

 

それから
日頃の水分補給をこまめに摂ることです。

 

 

当たり前のようですが・・・日頃の生活に追われていて
なかなかゆっくり食事が取れない!なんて場合は要注意です。

 

 

日頃の簡単な取り組みの積み重ねによって唾液力がアップします。

 

噛むことこそ「口臭予防対策」の究極の長期目線での方法

 

 

 


トップへ戻る